本日はライニング工事2日目、1号室の排水管の塗料流し込み

にほんブログ村 住まいブログへ


a0271037_09570722.jpg

昨日は、マンション全館の排水規制が実施され第一段階の工事でした。

さて、本日は楯列の作業です。

一号室の楯列への排水管更生工事(今、我が家に立ち入っていらっしゃる工事会社の方にお聞きしました。)
私が訴えていたように、前もっての説明会・質疑応答の全くなかったことが起因していると思えてなりませんが勝手が全くわかりません。

先ほど、工事担当の方からお聞きしてびっくりしたのですが、「塗料の臭いがかなりきついので排気をよろしくお願いします」とのこと。

ええ~、今初めて聞きましたよ!! 連日のこの高気温、私は空調もつけずに頑張っていましたがもう限界でした。

私「この、室内工事は一戸当たりどのくらいの時間がかかるのですか?」
現場の人「ああ・・そういうのではなくて08:00~18:00の間に出たり入ったりして、楯列の工事をします。」

初耳です!!

私、「申し訳ない、この夏はいつも以上の高気温で体調がすこぶる悪いのです。空調がないと心配なのですが」
現場の人「でしたら、リビングルームに空調を効かせてそこで滞在お願いします。」

バスルーム・廊下を挟んでベッドルーム・玄関わきの小部屋・トイレ・・すべて私の死角から外れます。

私 ため息とともに、「〇〇さん(現場の作業員さん)、貴方を信頼しているから・・・よろしくお願いしますね。」

今、つくづくと思うこと。
過去2回の我がマンションの大規模修繕は真夏を避けて涼しい季節を選んできました。
一般よりも高い見積もり・決定金額でしたが、施工の時期(季節)への配慮を思って無理無理納得してきました。

しかし!  今回のこれは何?!

あきれ果てること際限なし。

これから予想される塗料の臭い等々・・・

前もっての 説明会 も開催されていないことへの憂いは増すばかりです。

今回は此処迄、続きはまた・・・

[PR]
by mikanndayo | 2018-07-25 10:13 | 修繕工事 | Comments(0)