フアン限定の記事について


固定記事です。新記事はこの下からです。

暫くの間この画面をトップにいたします。

都度の記事は以下にUPいたしております。

このブログは当マンションの組合員以外の方もご覧になります。

当マンションの組合員の方だけにお知らせしたいこともUPいたします。

そのためのフアン限定記事のUPも致します。

最初に、エキサイトブログへの登録をお願い致します。
このページの右上の、ブログを作る!(無料をクリックすることから始まります。

次に、画面右上の「フアンになる」をクリックしてフアン登録をなさっていただきたいです。

画面には表示されないように設定してあります。

その際には私に一言お声がけを頂くか、コメント欄にお部屋番号等の記載をお願い致します。



[PR]
# by mikanndayo | 2019-12-31 23:39 | 私達のマンション | Comments(2)

凄い轟音・臭気~本日はライニング工事2日目、1号室の排水管の塗料流し込み

にほんブログ村 住まいブログへ

酷い轟音が辛いです。

前もって、こういう経緯になります」との説明でもあれば、耳栓ぐらい用意しておいたのに・・

08:00~18:00まで在宅のこと とお達しがあるので自宅現場を離れることもできずに本当に辛い・・

微かに臭気が・・・

先ほど、同業種の知人に電話したら、工事後半には臭気がもっとひどくなる可能性も・・・との話。

胸がムカムカ・・・辛い!!

おまけに工事業者は、ピンポンも鳴らさずにいきなりリビングルームに入ってきて、私は腰が抜けるほど驚いた!!

追記~先ほど、再び工事業者がリビングに入ってきたので、
「ピンポンぐらい鳴らして入ってください」とお願いした。

「今から塗料を流しますので」との言葉。

大げさかもわからないが、微かに恐怖すら感じてしまう。

本日の工事が終了したら、施錠してどこかへ避難しなくては!

前もっての説明さえあれば、心の準備も、物理的な準備もできたはずなのに・・・






[PR]
# by mikanndayo | 2018-07-25 15:18 | 分譲マンション | Comments(0)

本日はライニング工事2日目、1号室の排水管の塗料流し込み

にほんブログ村 住まいブログへ


a0271037_09570722.jpg

昨日は、マンション全館の排水規制が実施され第一段階の工事でした。

さて、本日は楯列の作業です。

一号室の楯列への排水管更生工事(今、我が家に立ち入っていらっしゃる工事会社の方にお聞きしました。)
私が訴えていたように、前もっての説明会・質疑応答の全くなかったことが起因していると思えてなりませんが勝手が全くわかりません。

先ほど、工事担当の方からお聞きしてびっくりしたのですが、「塗料の臭いがかなりきついので排気をよろしくお願いします」とのこと。

ええ~、今初めて聞きましたよ!! 連日のこの高気温、私は空調もつけずに頑張っていましたがもう限界でした。

私「この、室内工事は一戸当たりどのくらいの時間がかかるのですか?」
現場の人「ああ・・そういうのではなくて08:00~18:00の間に出たり入ったりして、楯列の工事をします。」

初耳です!!

私、「申し訳ない、この夏はいつも以上の高気温で体調がすこぶる悪いのです。空調がないと心配なのですが」
現場の人「でしたら、リビングルームに空調を効かせてそこで滞在お願いします。」

バスルーム・廊下を挟んでベッドルーム・玄関わきの小部屋・トイレ・・すべて私の死角から外れます。

私 ため息とともに、「〇〇さん(現場の作業員さん)、貴方を信頼しているから・・・よろしくお願いしますね。」

今、つくづくと思うこと。
過去2回の我がマンションの大規模修繕は真夏を避けて涼しい季節を選んできました。
一般よりも高い見積もり・決定金額でしたが、施工の時期(季節)への配慮を思って無理無理納得してきました。

しかし!  今回のこれは何?!

あきれ果てること際限なし。

これから予想される塗料の臭い等々・・・

前もっての 説明会 も開催されていないことへの憂いは増すばかりです。

今回は此処迄、続きはまた・・・

[PR]
# by mikanndayo | 2018-07-25 10:13 | 修繕工事 | Comments(0)

無茶苦茶な話と呆れる実態

にほんブログ村 住まいブログへ

a0271037_15513221.jpg


先日のブログでUPしたように、私が理事長を辞退した後に届いた現理事長岡〇氏よりの



メールにありますように私の役は監事ということになりました。

決まりでは、監事は理事会の中では案件等についての賛成・反対の意思表示はできないそうです。

それでも、マンション管理組合の組合員として、居住者として、意見を述べることぐらいはできるはずです。

ところが、714日のUP記事にあるように私を理事会から完全に排除したのです。

私は驚き、憤慨、色々な感情に悩みました。



悲しいかな、私は俗にいう「人の悪口を言い合って連帯感を感じる」というお付き合いは大の苦手ですし、こういう性格も手伝って、良いにつけ悪いにつけ「仲間」意識の共有を図る努力は皆無でした。

笑われるのを承知で告白しますが、本当に大切な自分たちの利益というものを真剣に考える人たちには必ず理解して頂ける と信じていました。

ここが私の甘いところでしょうね。

色々な感情の中で、監事としての役目の収支決算の書類の監査を行わないことに決め、幾度となく管理会社(C社)の現在の担当者奥〇氏に電話を頂くようにとの伝言をしておりました。

しかし、奥〇氏からの連絡はありませんでした。

今回の無茶苦茶に呆れながらも、T氏は、まず管理会社のマンション部所長K氏に電話をしました。

この管理会社は地に落ちた会社で、無関心・無知の組合員に付け込んで、自分たちの利益を得る手段については道筋をつけておき、責任問題からは巧みに逃れるということを何度も行っています。

それゆえ、俗にいうマンション管理のコンサルタントと称する会社が看板に挙げる「管理費の適正化」などということにも熟知の上でのC社と思っています。

この件についても後日UPしたいと思います。

その電話の時に、C社の奥〇氏が電話口に出られて問題の書類のことを話されましたので(その奥〇氏の会話に、もし私が書類への署名捺印をできないのであれば・・・と仰いました。)ので、私は自分の思いを言うことは時間の無駄と判断して「できません」と伝えました。

そして、19日にK氏に書類をお返ししますということなりました。

さて、問題の当日。

私が微かに想像していたことが現実になっていました。

以下は、あくまでも私の個人的な見解です。

理事長の岡〇氏、今までの言動から、一人では何もできない、決して自分では責任を取らない(その技量も度量もない) というタイプの人間だな、と拝察しました。

絶対に上司にしたくないタイプですね。

理事長は、権力者でもありませんし、絶対的な上司的な存在でもないことは、良識で考えることのできる人ならば理解していらっしゃると思います。

その舞台設定、4~5人の話し合いならば手狭でも管理人室で充分です。

C社、K氏のお話では、理事長の岡〇氏、C社のK氏、T氏の3人での話し合いということでした。

ところがエントランスフロアーに折り畳みの椅子がいくつも並べられ、現理事会の面々・次期理事会の面々が参加の様子です。

そこに現れたのがC社の奥〇氏、あれ、K氏ではないの?

そして、岡〇氏の開口一番、私の、書類への署名捺印していないことへの非難が、まさに口角泡を飛ばして、激しい勢いで展開されました。

「岡〇さん、私の話も聞いてください」という話しかけにも一切応じることなく。

上記太字のようなことは今までにもありました。その結果、私の話や、問いかけには真正面からの返答をなさらないばかりか、他の方々との会話も遮断なさることもありました。

とにかく、岡〇氏は興奮なさって、次いで出た言葉が、T氏に対しての、「そんなに(理事会を)やりたければ次にやればいいだろう!」

私はこの言葉にも岡〇氏の深層心理を読みました。

岡〇氏はこの調子で長々と私への非難を続けていました。(本題の話は???)

私はこの話し合いの場の当事者でもないので(しかし、現状からすると私も立派な当事者ですよねー笑い)書類を奥〇氏に託して早々にその場を去りました。

この時の無茶苦茶な論理の展開。

岡〇氏お得意の、人数で攻める、無茶な論理で声を張り上げるという茶番であったろうと想像いたします。

ちなみにT氏は、国交省のお仕事等、関連役所や自治体のお仕事をなさる会社の経営者です。

今回の西日本の災害には役員・社員の方々が役所との連絡網の中、適切な時期に現場に駆け付けて復旧作業等のお手伝いをしています。

以前の東日本の大地震の時にもこういう段取りでお役に立っているのでは、と私は思っています。

傘下にいくつかの子会社があり、そのうちの1社が不動産の所有・管理の会社です。

そういう経験と知識に基づき、我がマンションの管理・運営に少しでも役に立つことができるならば、と理事会参加の意思表明をなさったのです。

管理規約によりT氏の理事会参加は認められないとのお達しでしたが、

当マンションの管理規約は一度も変更されていません。分譲時の管理規約が生きているのです

以前に訳の分からない、改訂版管理規約 なるものが配布されましたがそれは法律的に無効です。

むしろこういう行為に甘んじた理事会・及び管理会社は法律的には犯罪と認識されます。

よって、輪番制は便宜的な措置であってこれが絶対ではないのです。

今までも、総会等で話題に上っていますが、当マンションに不在の組合員(区分所有者)にも管理組合に参加して頂けるようにとの方向性もあるのです。

本日は此処までにいたします。

続きは後日・・・   にほんブログ村 住まいブログへ




More 追記~ICでの録音を聞いて
[PR]
# by mikanndayo | 2018-07-23 17:10 | 分譲マンション | Comments(0)

無茶苦茶にもほどがある!!の続き

にほんブログ村 住まいブログへ
a0271037_09134632.jpg



まず、前段階のお話を致します。

このブログでUPしたの記事のように、私が理事長を辞退した後に届いた現理事長O氏よりのメール
にありますように私の役は監事ということになりました。
決まりでは、幹事は理事会の中では案件等についての賛成・反対の意思表示はできないそうです。
それでも、マンション管理組合の組合員として、居住者として、意見を述べることぐらいはできるはずです。
ところが、7月14日のUP記事にあるように私を理事会から完全に排除したのです。
私は驚き、憤慨、色々な感情に悩みました。

悲しいかな、私は俗にいう「人の悪口を言い合って連帯感を感じる」というお付き合いは大の苦手ですし、こういう性格も手伝って、良いにつけ悪いにつけ「仲間」意識の共有を図る努力は皆無でした。
笑われるのを承知で告白しますが、本当に大切な自分たちの利益というものを真剣に考える人たちには必ず理解して頂ける と信じていました。
ここが私の甘いところでしょうね。

色々な感情の中で、幹事としての役目の収支決算の書類の監査を行わないことに決め、幾度となく管理会社(C社)の現在の担当者奥〇氏に電話を頂くようにとの伝言をしておりました。
しかし、奥〇氏からの連絡はありませんでした。

今回の無茶苦茶に呆れながらも、T氏(私の隣の部屋の持ち主)は、まず管理会社に電話をしました。

この管理会社は地に落ちた会社で、無関心・無知の組合員に付け込んで、自分たちの利益を得る手段については道筋をつけておき、責任問題からは巧みに逃れるということを何度も行っています。
それゆえ、俗にいうマンション管理のコンサルタントと称する会社が看板に挙げる「管理費の適正化」などということにも熟知の上でのC社と思っています。
この件についても後日UPしたいと思います。

私の想像通り、管理会社の所長(前の我がマンションの担当者がマンション部の所長に昇格)との話でとりあえず、理事長O氏とK氏そしてT氏の三人で話し合いの場を持つということがK氏より提案されました。
日時は、7月19日19:00より、管理人室で。
その電話の時に、C社の奥〇氏が電話口に出られて問題の書類のことを話されました)ので、私は口説く自分の思いを言うことは時間の無駄と判断して「できません」と伝えました。
そして、19日にK氏に書類をお返ししますということなりました。

さて、問題の当日。
私が微かに想像していたことが現実になっていました。

以下は、あくまでも私の個人的な見解です。
理事長の岡〇氏、今までの言動から、一人では何もできない、決して自分では責任を取らない(その技量も度量もない) というタイプの人間だな、と拝察しました。
絶対に上司にしたくないタイプですね。

理事長は、権力者でもありませんし、絶対的な上司的な存在でもないことは、良識で考えることのできる人ならば理解していらっしゃると思います。

その舞台設定、4~5人の話し合いならば手狭でも管理人室で充分です。
ところがエントランスフロアーに折り畳みの椅子がいくつも並べられ、現理事会の面々・次期理事会の面々が参加の様子です。
そこに現れたのが管理会社C社の奥〇氏、あれ、K氏ではないの?

そして、理事長岡〇氏の開口一番、私の書類への署名捺印していないことへの非難が、まさに口角泡を飛ばして、激しい勢いで展開されました。
「岡Oさん、私の話も聞いてください」という話しかけにも一切応じることなく。
上記太字のようなことは今までにもありました。その結果、私の話や、問いかけには真正面からの返答をなさらないばかりか、他の方々との会話も遮断なさることもありました。

とにかく、岡O氏は興奮なさって、次いで出た言葉が、K氏に対しての「そんなに(理事会を)やりたければ次にやればいいだろう!」
私はこの言葉にも岡O氏の深層心理を読みました。

岡O氏はこの調子で長々と私への非難を続けていました。(本題の話は???)
私はこの話し合いの場の当事者でもないので(しかし、現状からすると私も立派な当事者ですよねー笑い)書類をY氏に託して早々にその場を去りました。

この時のIC録音(今聞いていますが、後程落ち着いて聞き直します。)無茶苦茶な論理の展開。
岡O氏お得意の、人数で攻める、無茶な論理で声を張り上げるという茶番であったろうと想像いたします。

ちなみにT氏は、国交省のお仕事等、関連役所や自治体のお仕事をなさる会社の経営者です。
今回の西日本の災害には役員・社員の方々が役所との連絡網の中、適切な時期に現場に駆け付けて復旧作業等のお手伝いをしています。
以前の東日本の大地震の時にもこういう段取りでお役に立っているのでは、と私は思っています。

傘下にいくつかの子会社があり、そのうちの1社が不動産の所有・管理の会社です。
そういう経験と知識に基づき、我がマンションの管理・運営に少しでも役に立つことができるならばと理事会参加の意思表明をなさったのです。
我がマンションは、竣工38年、一度も管理規約の改正をしておりません。(どこかの国と同じですね)
よって、輪番制は便宜的な措置であってこれが絶対ではないのです。
今までも、総会等で話題に上っていますが、当マンションに不在の組合員(区分所有者)にも管理組合に参加して頂けるようにとの方向性もあるのです。

本日は此処までにいたします。
続きは後日・・・

にほんブログ村 住まいブログへ


[PR]
# by mikanndayo | 2018-07-21 08:50 | 私達のマンション | Comments(0)